Fohlenliste / フォールリスト

仔馬リスト

お問い合わせ/お問い合わせ

連絡先

アイベンスファーム


 
カッシーニIのカスコラ - 公認種牡馬

カッシーニIのカスコラ - 公認種牡馬

ライセンス種牡馬カッシーニIのカスコラ

売れた種牡馬 - 売れた2011年11月第1週末にノイミュンスターで開催されたホルシュタイナー協会のライセンスイベントでは、アイベンス牧場で生まれ育ったカッシーニI世の息子カスコラがカタログ番号27のライセンスを取得し、その後のライセンス種牡馬オークションでブラジルに売却されました。

ホーフアイベンスの素晴らしい成功と、ハラルドアンドレセンの馬の繁殖。ホーフ・アイベンスで生まれ育ったカッシーニI世の種牡馬。 コンテンダーからの特許 / ランドグラフI / カリプソI - スタム5302(注:この牝馬は現在カッシーニIとの間で再び仔馬として産まれており、仔馬は2011年1月末に生まれる予定)は、2011年秋に行われたホルスタイン種牡馬のライセンシングで発表され、その優れたジャンプ能力と驚異的なジャンプ能力が評価されて、ホルスタインVerbandのライセンシングを受けたものです。全日、ライセンス委員会と観客に多くの存在感を示したカスコラは、優れたテクニックとほぼ無限の能力を持つフリージャンプで確信した。さらに、気合の入ったベイ、3人が説得力のある基本的な動きを見せた。

{gallery}馬/馬券/販売馬/カスコラ/スタリオン/ゲコアート:140{/gallery}
写真: Janne Bugtrup

{youtubejw}BO39HVgfrRk{/youtubejw}。

種牡馬のカッシーニIは、その卓越したフリージャンプの能力と、ほぼ完璧なマナーで、初公開時にはすでに感心させられていた。この自然なジャンプの才能は、彼はまた、コースで明らかにした。ボー・クリストファーセンとともに、6歳でブンデシャンピオナートの予選を4勝し、第1回最終予選を勝ち抜いた。7歳の時、カッシーニIはまたしてもヤングスターのジャンプ大会で優勝し、8歳の時にはグランプリ大会で上位入賞を果たしています。

9歳でヘルシンキのネイションズカップでデンマークチームと優勝し、1997年にはマンハイムで行われたヨーロッパ選手権にボー・クリストファーセンとともに出場した。その後、フランケ・スロートハークの厩舎に移籍した。アーネムとモデナのグランプリを共に制した。また、アーヘンとモデナで成功を収めたドイツネーションズカップのチームの一員でもありました。 ロンドン、ライプツィヒ、ドルトムント、パリでの活躍も目を見張るものがありました。

スポーツ馬としての印象的なキャリアに加えて、カッシーニIの特別な価値は、その独特の種牡馬の質にあります。これまでに59人の息子がドイツで免許を取得しています。23歳にして世界で最も優れたショージャンプ種牡馬の一人である。その大きな要因は、主要な国際大会での子孫の登場が成功したことにあります。2004年のアテネオリンピックでは、彼の子孫のうち2人が個人決勝に進出しました。ジョス・ランシンクとのベルギーライセンス種牡馬カヴァロール・クマーノ、スティーブ・ゲールダットとのオリンピック。ランドグラフI-Caletto II 牝馬の息子であるカヴァロール・カマーノは、2004年にカルガリーで開催された世界最高峰のショージャンプ競技会でジョス・ランシンクと共に優勝し、2005年にはアーヘンのグランプリで3位に入賞している。

2006年にアーヘンで開催された世界馬術競技大会では、カッシーニIが優秀な種牡馬となりました。Jos Lansinkの下でCavalor Cumanoでは、彼は個人の分類で世界チャンピオンを提供し、Gerco Schröderの下でEurocommerce Berlinでは、もう一人の息子がオランダの勝利チームで代表されました。2007年にヨーロッパ選手権で彼はユーロコマースベルリンで再びオランダの金メダルチームの馬とCavalor Cumanoと副ヨーロッパチャンピオンを提供しました。2008年の香港オリンピックでは、カッシーニIの息子カールソン・ヴォムダッハとウィル・シンプソンが、ジャンプオフでの高速クリアラウンドでアメリカ人選手のチーム金メダルを獲得しました。
2009年にはトニー・アンドレ・ハンセン騎乗のキャミロ、ダニエル・ドゥーザー騎乗のヴェレルスト・カーチス、そしてカリノとウルリッヒ・キルヒホフ騎乗のカリーノが活躍し、数々の国際的な勝利とランキングを獲得した。
また、若い世代ではカッシーニIによって常に印象的な若い才能がありますが、彼はSchlewsig-ホルシュタインの5歳のショージャンパーのLandeschampionessヒンネルクKöhlbrandtの下でカッシーニヤと配置されています。

ジャンプであらゆる可能性を秘めた表情豊かでタイプ的な息子カッシーラノを擁し、2009年に初めてホルスタインライセンスでチャンピオン種牡馬を輩出した。2010年には、ノイミュンスターでコラゾンとのライセンス種牡馬を生産することができた。

ダムのパテントは、最高の血統を持つホルスタインコンテンダー牝馬で、パフォーマンステスト済み。このブルードメアのダムラインから、すでにいくつかのショージャンパーは、高度な(S)レベルまでジャンプするショーで成功しています。この表現力豊かな牝馬は、ジャンプ力にも優れていて、それを子馬にも伝えています。能力があり、乗り心地がよく、パフォーマンスを発揮できる、それがホルスタインのショージャンパーの仕事です。

このライセンスを取得した種牡馬カスコラの種牡馬、コンテンダー・ア・カリプソⅡの息子は、ホルスタイン・ヴェルバンドの種牡馬の中でも最も人気のある種牡馬の1頭である。この種牡馬は1986年にノイミュンスターでホルスタインのライセンスを取得した。アデルハイツドルフでの種牡馬成績テストに合格し、種牡馬と同様に指数133.41(Dr.118.91、Spr.145.52)でその年の最優秀種牡馬と評価された。コンテンダーの並外れた遺伝的可能性は、カリプソ2世の特殊な遺伝的構成によるものであり、もう一方では、ゴフィーネの特殊な遺伝的構成によるものである。

ゴフィネは、異なる種牡馬と交配した場合、トップホースを産み出した。シカゴのユリナはスザンネ・ベーリングとの交配で成功を収め、彼女の孫娘のシンクトゥワイスはレオポルド・フォン・アステンとの交配で昨年のドナウエシンゲンのグランプリを制した。Largo、FrechdachsとFlorenziaは、高度なレベルのショージャンプ大会で順位を持っていた。Cornetto by Caletto Iはライセンスを取得し、デンマークのショージャンプで国際的に成功しました。ゴフィーネの孫であるカレット・ランドグラフのカサンドロは、ホルスタインのチャンピオン種牡馬で、後にイタリアでショージャンパーとして成功を収めた。

国際的なショージャンプでは、種牡馬コンテンダーは、現在、多くのトップホースを輩出している - 彼の息子や娘たちは常にホルスタインブランドを持っているわけではないが。オルデンブルクやハノーファーで繁殖していたため、ドイツ全土のブリーダーに愛用されていました。欧州チャンピオンのモンデンダーとマルコ・クッシャー、チェックメイトとメレディス・マイケルズ=ビールバウムは特筆に値する。

今日では、この例外的な種牡馬はホルスタイン種牡馬の牝馬にのみ与えられています。コンテンダーはホルスタイン種に多くのショージャンパーを与えた。その中には、トニ・ハースマンとのダービー3連勝中のコリンも含まれています。

2006年、コンテンダーとその息子たちは、ノイミュンスターでのライセンシングで特に説得力を発揮しました。ドイツでは、コンテンダーは上級(S)レベルのショージャンプ競技会で290人の成功した子孫を持ち、ドイツの様々な繁殖地で114人のライセンスを得た息子がいる。ジャンプの繁殖価値は154点で、コンテンダーはドイツでもトップクラスの種牡馬です。

ノイミュンスターに登場した70頭の種牡馬のうち、さらに2頭が途中で脱落し、22頭の2歳馬がライセンスを取得した。"現代的で傑出した種牡馬をたくさん見た "と、取材を引き継いだルクセンブルクのアンドレ・ネッパー氏は、今年のホルスタイン種牡馬の作柄を判断した。

コメントは終了しています。
jaJA