Fohlenliste / フォールリスト

仔馬リスト

お問い合わせ/お問い合わせ

連絡先

アイベンスファーム


 
2012年 キールロイヤル - 種牡馬コラードIの仔

2012年 キールロイヤル - 種牡馬コラードIの仔

販売のための種牡馬によるコルト Corradoコルト by コラードIホルスタインの子馬を販売

ホルスタインの子馬 - 2012年8月2日生まれ - スタム1947 - 種牡馬コラードI / MV Ahorn Z / ラスプーチン / ラエルテス / コーネットによって。

セールのコルト/コルトを販売しています。 血統マークのある、個性的なホルスタイン・コラードⅠ世の仔。ダムダムはショージャンプでも成功しており、ショージャンパーとして成功したラッカスを含む4頭のN子孫を持つ。このダムダムダムもショージャンプで大活躍した子孫を輩出しています。1947年のラインでは、ケンブリッジ、コンセンス、クリントードIといったホルスタイン種牡馬のライセンスを取得した種牡馬や、国際的に成功を収めているショージャンパーのレキシントン、コロンボ、カラトSを生産してきました。1947年のラインは、卓越した能力と最高の姿勢を持つパフォーマンスレディなショージャンプ馬のための保証です。

動画 | 写真 | 血統 | 種牡馬 | 連絡先

この馬の情報をご希望の方は、メールまたは電話で直接ご連絡ください。私はあなたにこの馬についてのすべての情報を提供し、あなたがこの馬を販売するために持っているかもしれない質問にすぐに答えることができます。 ハラルド・アンドレセン - ホルシュタイナー馬の繁殖と馬の販売

アイベンスファーム ハラルド・アンドレセン
ホルシュタイナー馬の自家繁殖による跳馬、馬術馬、レモント、子馬の販売。

馬のビデオ。コルト by コラードI

種牡馬コラードⅠの仔の動画を見るには→→ こちらをクリックしてください。 <<

種牡馬コラードIの仔の仔馬オークションの動画を見るには >> >> こちらをクリックしてください。 <<

それぞれのリンクをクリックすると、仔馬の動画が表示されるポップアップウィンドウが開きます。

 

[]


フォールの写真。コルト by コラード

ギャラリー}馬/仔馬/2012/01.コラドI_MV_Ahorn_Z{/ギャラリー

[]


血統/降臨:コラードIの仔

コラード コル・ド・ラ・ブライエール SF ランザウ XX
クノートSF
ソレイユH キャピトル
チェーンH
 
キールロイヤル メープルZ
ラスプーチン
ラエルテス / コーネット

 


[]

種牡馬情報。コラード

25歳のコラードIは、すでにホルスタイン種のラインファウンダーとされています。彼の成功と彼の子孫のそれのリストは無限にあるように思える。したがって、彼の経歴を抜粋しただけでは、それ以上のものを与えることはできない。

Corrado Iは、その血統と驚異的なジャンプ能力により、1988年12月にエルムホルンでライセンスを取得しました。ジャンプの種牡馬性能テストでも納得。彼はフリージャンプとジャンプの両方のための10のスコアを受け取った。 最初にThießルターとその後ボーKristoffersenは若いショージャンパーのためのテストでCorrado Iを発表した。6歳の時には1991年にミュンヘンで開催されたブンデスカンピオナートのファイナリストとなり、7歳の時にはすでに初の国際的な成功を収めていた。その後、フランケ・スロートハークが騎乗し、国際的に成功を収めた。1993年にはリーヴァルデンでグランプリを獲得し、ネイションズカップのラバウルでは2位となった。1994年にはワールドカップ予選のドルトムントで優勝し、アーヘンで行われたネーションズカップでは3位に入った。1996年にはオーフスでジャンプのワールドカップ、ノイミュンスターとキールでグランプリを獲得した。

また、その驚異的なジャンプ力を子供たちにも伝えている。その間、彼はショージャンプ競技の最高レベルで国際的に成功している多数の子孫を持っています。これらには、ヘレナ・ペルソンとのクラシックH、ピート・レイメイカーズとのシェール、ピーター・チャールズとのコラーダ、マーカス・フックスとのコジマ、エブリン・ブラトンとのコスモス・スター、エスペン・ヨハンセンとのカラミア、ティム・グラブとのキャニオン、レオポルド・フォン・アステンとのシンク・トゥワイス、フェリックスとトニ・ハスマンとのカブリオなどがあります。2004年と2005年に最も成功したコラードIの子孫は、ダーク・デミースマンとの間に生まれた種牡馬クリントンである。アテネオリンピックでは個人総合4位、翌年のグランプリ・アーヘンでは2位に入賞した。2008年には、カーステン・オットー・ナゲルの下で「ライダー・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、2009年のヨーロッパショージャンプ選手権ではチーム銅メダルと個人部門銀メダルを獲得した牝馬コラディーナ。

コラードの息子26人はこれまでに免許を取得しています。ドイツでは上級(S)レベルのショージャンプで167頭の子馬を輩出している。コラードⅠの他にも、コラードⅠの正弟コラードⅡ、コラードⅠの正妹から出た種牡馬チェラーノZ byコンテンダーがザンガーハイデでライセンスを取得し、種牡馬として使用されている。一流のショージャンパーとしてもセンセーションを巻き起こす。2004年の世界の種牡馬シリーズでは、この種牡馬が総合2位になった。

コラードの牝馬系統である6879は、すでに多くの大成功馬を輩出している。カーリナ(2009年ワールドカップ・ショージャンプ、ピウス・シュヴァイザー騎乗)、カッシート(2009年ワールドカップ・ショージャンプ、ハーレーブラウン騎乗)、ランドロード(1988年オリンピック、ルドガー・ビアバウム騎乗)がこの系統に属しているほか、ラウズブブブ(アハズ・フォン・ブッフバルト騎乗のダービー勝ち)、フェアレディ(ラルフ・ルンゲ騎乗)、バーデン(1952年オリンピック、ハンス・ヘルマン・エヴァース騎乗)、バーデン・バーデン、オリジナル・ホルサティア(ともにフリッツ・ティーデマン騎乗)もこの系統に属しています。

[]

 


アイベンスファーム ハラルド・アンドレセン
ホルシュタイナー馬の自家繁殖による跳馬、馬術馬、レモント、子馬の販売。

 

コメントは終了しています。
jaJA