Fohlenliste / フォールリスト

仔馬リスト

お問い合わせ/お問い合わせ

連絡先

アイベンスファーム


 
2012年ヴァージニア - 種牡馬ラジーノのフィリー(売却済み

2012年ヴァージニア - 種牡馬ラジーノのフィリー(売却済み

種牡馬ラジーノのフィリーラッシーノのフィリーラシーノフォール販売

ホルスタインの仔 - 2012年3月生まれ - Stamm 4779 - 種牡馬Lasino MV Caretino / Calypso II / Fier de Lui Zによる

この美しい仔の種牡馬ラジーノの血統は、ホルスタインのジャンパー繁殖からベストセラー小説のように読み取れます。 しかし、仔馬の母牝馬でもある。 バージニアは、これに劣るところはありません!素晴らしいトップライン、エネルギッシュな後脚、高貴でシックな体つき、これが現代のトップクラスのホルスタインの仔馬の特徴です。

動画 | 写真 | 血統 | 種牡馬 | 連絡先

この馬の情報をご希望の方は、メールまたは電話で直接ご連絡ください。私はあなたにこの馬についてのすべての情報を提供し、あなたがこの馬を販売するために持っているかもしれない質問にすぐに答えることができます。 ハラルド・アンドレセン - ホルシュタイナー馬の繁殖と馬の販売

アイベンスファーム ハラルド・アンドレセン
ホルシュタイナー馬の自家繁殖による跳馬、馬術馬、レモント、子馬の販売。

馬のビデオ。ラッシーノのフィリー

 

牝馬の動画を見るには→→→→→→。 こちらをクリックしてください。 <<

牝馬の動画を見るには→→→→→→。 こちらをクリックしてください。 <<

それぞれのリンクをクリックすると、仔馬の動画が表示されるポップアップウィンドウが開きます。

[]


馬の写真。

ギャラリー}馬/仔馬/2012/03_Lasino_M_Virginia{/gallery}{/gallery

[]


種牡馬情報。ラジーノ

彼の血統は、ショージャンプ繁殖のベストセラーのように読みます。ランドグラフを種牡馬とし、キャピトルI、ロード、ローマンを母方の種牡馬とし、ホルスタイン種の中で最も重要なジャンパー種牡馬を密接に組み合わせてきました。サラブレッドのLadykiller xxのパフォーマンス遺伝子は、ランドグラフIとロード、そしてキャピトルIとラムゼスを介してラジーノに発現している。この種牡馬は、ホルスタインの種牡馬としては興味深い種牡馬であり、特にコル・ド・ラ・ブリエールの血を受け継いでいないことから、この種牡馬はホルスタインの種牡馬として注目されています。

種牡馬性能テストではジャンプ指数130点を達成した。その後、ドルトムント、ノイミュンスターとオーフスで彼と国際的な成功を達成することができたヨルグKreutzmann、と、最初はボーKristoffersenと、スポーツでの使用を続けた。

全体の個体数と比較して、比較的小さいながらも非常に成功したThiedemann家の2543系統からは、多くの成功した子孫を見つけることができます。この系統の基礎牝馬はファナティック牝馬オプティーク。1981年のライセンスで勝利した種牡馬、ロードのラヴァロは、マレンゴの牝馬マヤを経由してこのダムラインから来ている。この系統の他のライセンス種牡馬には、ボリタス、ラックスZ、コリアンドがいる。ラッシーノのダムは、キャピトルⅠ世の牝馬アリナで、ロレンティンのライセンスを受けた2人の息子リモンチェッロⅠ世とⅡ世を産んだ。

牝馬のロレアナもティーデマン家の系統2543から来ています。彼女は国際的なショージャンプ競技会でアハズ・フォン・ブッフバルトの下で成功を収め、その後ラース・ニーベルグの下で成功を収めた。

ラジーノの子孫は2007年に国際的なブレイクを果たした。ロード・ルイスは、ラ・ボーレでアロイス・ポルトマン=シュヴェックホルスト監督の下でドイツチームと共にネイションズカップを制し、2008年にはバルベで開催されたドイツ選手権で2位、カタールのドーハで開催された高額報酬のグローバルチャンピオンツアーの1stレグでも2位を獲得しました。

ディルク・シュレーダーの下で2006/2007年のインドアシーズンにハノーファー、フランクフルト、ブラウンシュヴァイク、ノイシュタット、ヴェルデンのグランプリで大成功を収めたル・ボーは、2007年春にノルウェーのオーナーに変更された。新ライダーのシュタイン・アンドレセンの下、ル・ボーは初の国際大会であるヨーロッパ選手権(マンハイム)で総合13位に入り、ネイションズカップでは2回の優勝を果たし、ノルウェーチームの香港オリンピック出場権獲得に大きな役割を果たしました。香港オリンピックではスタイン・アンドレセンとのベスト25の個人決勝に進出し、16位でゴールした。

オリンピックチームコースの第1ラウンドのハイライトの一つは、オーストラリアのマシュー・ウィリアムズの下でセンセーショナルなラウンドを終えたルコントでした。一応、この馬はマーカス・エーニング調教師の所属馬で、ブレーメンのグランプリを一緒に制覇するなど、ラスベガスのワールドカップ決勝では10着に終わっています。

ドイツでは、ラジーノは現在、上級(S)レベルのショージャンプで成功した35人の子孫を持っています。これまでにライセンスを取得した息子は、Let's Dance Lasino、Looping、Lovariの3人。

[]

 


アイベンスファーム ハラルド・アンドレセン
ホルシュタイナー馬の自家繁殖による跳馬、馬術馬、レモント、子馬の販売。

 

コメントは終了しています。
jaJA