Fohlenliste / フォールリスト

仔馬リスト

お問い合わせ/お問い合わせ

連絡先

アイベンスファーム


 
エフコスメア バイ コル・デ・ラ・ブリエ 1228

エフコスメア バイ コル・デ・ラ・ブリエ 1228

ホルスタインの種牡馬コル・ド・ラ・ブライエールの繁殖牝馬
生まれたんだ 22-06-1991
(・∀・) 1228
スティック測定。 一六五センチ

Ancestry.
コル・デ・ブライエール/ライモン/アルダト
Foals at Heel by.
運ばれた
カルディノ

ホルシュタイナー馬の繁殖地アイベンス - Harald Andresen
種牡馬コル・デ・ラ・ブライエールの牝馬

エフコスメア バイ コル・デ・ラ・ブリエ 1228

種牡馬コル・ドゥ・ラ・ブライエール
生まれ:1991年6月22日 - ホルスタイン牝馬系統 1228 - STM.1,65cm
カラー: ブラウン - インフォイル by.Cardino - Foal at foot by.

有名な種牡馬コル・デ・ラ・ブリエールの最後のホルスタイン種牡馬の一頭。この美しい牝馬は、この例外的な種牡馬の特徴がはっきりと表れており、それを子馬に伝えている。ダムラインは、ショージャンプのミディアム(M**)レベルまでの馬術とミディアム(M**)レベルの馬場馬術で成功を収めている。非常に最高の態度と巨大な能力は、これらのホルシュタイナーショージャンパーを「扱いやすい」高いパフォーマーにしています。Fコスメアからは、すでにプレミアムコルトやチャンピオンシップフォールズが出ており、スポーツ界で成功を収めている。

ホルスタイン牝馬。血統

血統:F-コスミア・バイ・コル・デ・ラ・ブライヤー 1228

1991年6月22日生まれ - ホルスタイン牝馬1228系統 - Stm.1,65cm - ブラウン

 

コル・ド・ラ・ブライエール ランザウ XX フォックスライトXX フォックスハンターxx
チョニア属
ランクーネXX カヴァリエール
ロケラ属
ケノッテ ルリオーソ フュリオソ
リケット
ヴェスターレ ランダウ
クリスティン
 
HSPミヌエット ライモンド ラムゼス リッタースポルン
ジョルディ
赤外線 ファナティック
ライニング
ギッテ アルダート ビュー
クレタ
ユニカ ガンブリヌス属
拾い物

 

ホルシュタイナーの子馬

ホルスタインの子馬は、繁殖牝馬Fコスメア(コル・ド・ラ・ブライヤー産駒)の子馬である。

ホルシュタイナー馬の子馬Fコスメアの仔

ホルスタイン系統:1228

ホルスタインの牝馬系統:1228

 

ホルスタイン牝馬  トランク1228.- 抜粋。によって提供される家系図の概要と分割 www.worrenberg.ch

 

 

ホルスタイン種牡馬:コル・ド・ラ・ブライエール

ホルスタイン種牡馬:コル・ド・ラ・ブライエール

 

すでに種牡馬のパフォーマンステストでは、カルディノはジャンプ競技会で積極的にアピールしていた。ワーレンドルフのブンデシャンピオナートで行われた6歳のショージャンパーの決勝では、ボー・クリストファーセンと一緒に6位に入った。7歳から彼は彼と一緒にいくつかの高度な(S)レベルのジャンプ競技会を獲得したラース-バク-アンダーセン、によって乗っていた。

種牡馬カーターゴZは、2009年シーズンの総合繁殖値推定/ジャンプで160指数ポイントを記録し、全国5位にランクインしています。

ラナケンのザンゲルハイド・スタッドのジョス・ランシンクのもとでのキャリアは、並外れた成功を伴っていた。国際的に重要なショージャンプ競技会での多くの勝利と入賞に加えて、彼はアトランタ(個人の分類で11位)とシドニーで2回のオリンピックに参加しました。彼はブロを獲得しました

ヒックステッドで開催された欧州選手権ではオランダチームのメダリストとして活躍し、2000年のアーヘンGPでは2位となった。

カルタゴが14歳でホルスタインに戻ってきた時には受精に問題があり、繁殖に使えなくなっていました。このように、育種におけるカルタゴの貴重な遺伝子を受け継ぐ役割は、彼の息子たちに委ねられています。これまでに全国で33頭の息子が免許を取得しており、そのうちホルスタインでは15頭が免許を取得しています。

カルディノのダムは、種牡馬ランドグラフⅠ世の娘であるアラスカである。牝馬のCimberly by Contenderは、2004年に秋のオークションでアメリカに売却され、2006年のヤングジャンパーファイナルで3位に入賞した。2007年には、ヴァレンドルフのブンデシャンピオナートでヨハネス・エーニングに師事し、ファイナリストとなった。ナポレオンのイビサは、国際的に大成功を収めた2人のショージャンパーを輩出しています。マグナート2世のマンデリンとコル・ド・ラ・ブリエールのクーパー。マンデリンはBreido Graf zu RantzauとJürgen Kraus、クーパーはDirk Schröderと国際的な成功を収めました。

2005年秋にノイミュンスターで開催されたオークションでは、娘のコルディナが25万ユーロで落札された最も高価な馬だった。2006年春のオークションでは、クレーム・ド・ラ・クレームで再び最も高価な馬の1頭を出した。2007年12月、アンクムのP.S.I.オークションでカルディノの息子カルディオランが70万ユーロの価格を達成しました。

タバルーガⅡで、カルディノはエルムホルンで開催されたエリート牝馬ショー2006で優勝した牝馬です。ブンデシャンピオン2009では、ホルガー・ヴルシュナーが6歳のショージャンパーの予選でカルディーノの息子カミーニョと一緒に上位に入った。マーカス・メルシュフォルマンとのコンスタンツィア、フロリアン・マイヤー・ツ・ハルトゥムとのクリックスセム、ミカエル・フォルステンとのカルバイなどの子孫は、国際的なヤングスターツアーで成功を収めました。

 

コメントは終了しています。
jaJA